Lucky Wood/ラッキーウッドの話

Lucky Wood/ラッキーウッド

新潟県は燕市において

1868年 明治元年に鍛治工房として創業した

日本を代表するカトラリーメーカーのトップブランドです。

※写真はLUCKY WOOD ピッチャー&アイスペールセット マドラー・トング付 燕三条 箱入り

創業時は矢立てや灰ならしなどの

明治期の家庭用金物の鍛治工房として誕生しました。

矢立てとは携帯用の筆記用具です。

明治を経て大正時代1915年にカトラリーの生産を開始と

公式ホームページに記載があります。

日本が西洋列強に対抗すべく

江戸期の自国の文化を棄てながら

食文化などの洋風化を盲目的に邁進していた明治期を経た

大正時代のことです。

時代の変わり目に技術を土台とした

その当時の時代を見据えた新製品、新ジャンルに挑戦しながら

現代まで繋いだ地方企業です。

しかも戦後の苦しい時期を乗り越えて現代に繋がっています。

地方産業の老舗、100年企業には尊敬の念しかありません。

平成があと1ヶ月で終わってしまいますね。。。

時代の変わり目に変化進化をとげ、次世代にまで

遺っていく産業や企業は

どれだけあるんでしょうね。。。

変わるもの、変わらぬもの

使う人がいてこそ、の文化です。

節目のような気がしてなりません。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts