「纏う」と「着る」

日本語の難しさや使い方

日々勉強で考えさせられます。

さて。タイトルの

「纏う」と「着る」ですが。

英語に訳すとどちらも「Wear」一緒なんですね。

だけど日本語だと確かに動作的には同じようでも

なんだか少し?大きく?違いますね

個人的な解釈となりますが、例えば

「お着物を着る」

「お着物を身に纏う」

身に纏うというのは

着る方の雰囲気や全体的なスタイルアップ

その人の知性や生活環境、その他、その方の全てが

関わってくるように感じます。

華やかな反対の意味でも

「ボロを身に纏う」っていうのにも使いますし

「権力を身に纏う」っていうのにも使いますよね。

日本のお着物は「季節感」を身に纏います。

季節を感じる「感性」大事ですね。

ただ動作的に「着る」のではなく

良い雰囲気、周囲へ与える雰囲気を考えて

「纏う」ことを考えていきたいものですね。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts