白檀の話

白檀(ビャクダン)

インド原産の香木です。

香木は古美術骨董の世界でも

取引される品物です。

お香、お線香のパッケージに

この名前をよく見かけますね。

香木としての歴史は非常に古く

紀元前5世紀頃には香木として

使われていたようです。

インドでは古くはサンスクリット語で

「チャンダナ」と呼ばれていました。

英語名はsandalwood(サンダルウッド)

このサンダルウッドという英語名はこの

「チャンダナ」が語源だそうです。

アロマでもサンダルウッドは有名ですね。

アーユルヴェーダでもよく使われるそうです。

心身や肌などに、かなり多くの効能があります。

また仏像や数珠などの仏具にも用いられます。

日本では扇子の骨の部分に使用されたり

匂い袋など多種多様に使用されています。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts