切子硝子の話

日本の人気の伝統工芸品として

今も昔も人気なのが

切子硝子の工芸品

切子硝子には

江戸切子と薩摩切子があります。

薩摩切子は幕末期に興り、明治期に

一度様々な諸事情で途絶えてしまっています。

この当時の薩摩切子は非常に貴重なもので

現存するものは200点と

大変高額なコレクターアイテムとなっています。

あの有名なテレビ番組「なんでも鑑定団」で

¥2,000万円!の値がついたものもあります。

一方の江戸切子は幕末期に興っています。 1834年(天保5年)に江戸大伝馬町のビードロ屋

加賀屋久兵衛(通称:加賀久)が

金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻で

模様を施したのが始まりと言われています。

加賀久は日本橋通油町の硝子・眼鏡問屋・

加賀屋(通称:加賀吉)から暖簾分けし

切子も始めたと伝わっています。

現在は墨田区などを中心に生産されています。

江戸切子と薩摩切子の違いは

細工模様、また色被せと呼ばれる

表面にある着色ガラス層の厚みなどに

それぞれ特徴があります。

これから年末年始、お酒のシーンが多くなりますね。

切子硝子のグラスで日本酒や焼酎

美味しくいただいてみてはいかがですか?

透明のお酒にとってもよく似合います。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts
Archive
まだタグはありません。
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2014 by  kobido-japan. Proudly created with kobido-japan.com

  • Twitter Clean
  • w-facebook