マイセンの話

さて。

先週のウェッジウッドに引き続き。

陶磁器の話を続けていきます。

今週はマイセンのお話です。

昔々、白磁は東洋から伝わった

それは大層な高級品であったとのこと

当時の西洋社会では憧れの品でありました。

当然各国が凌ぎを削り開発に乗り出します。

ここがヨーロッパらしいのですが(苦笑)

一人の錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを

ザクセン選帝侯兼ポーランド王のアウグスト2世が幽閉(!)し

開発を命じ、錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーは見事

白磁の開発に成功し、西洋磁器の歴史の幕が上がる。

1709年のことでありました。

翌年1710年、ドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」が設立され、

硬質磁器製造の独占権が与えられ、これが現在の

「国立マイセン磁器製作所」の始まりです。

初期のマイセンのデザインは

日本の伊万里焼の影響も受けているそうです。

贋作防止の理由で、マイセンの陶磁器には

交差した2本の剣のトレードマークが

1723年から用いられており

これは現在まで使われているトレードマークの中では

もっとも古くからあるものの一つとなっています。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts
Archive
まだタグはありません。
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square