輪島塗の話

輪島塗とは

石川県輪島市で生産される

漆器のことです。

輪島での漆器生産の歴史は

なんと!

6800年前!

能登半島の三引遺跡(七尾市)から

漆製品が発見されているそうです。 輪島では平安時代の遺構である屋谷B遺跡で 漆製品が発掘されているとのことです。 日本人の生活に「漆(うるし)」は本当に歴史深く

関わっているんですね、驚きました。

輪島では土地の歴史として

太古の昔から現代まで

漆器の製法や技法が

今日まで続いているなんて本当に凄いと思います。

輪島塗は日本伝統工芸品の代表格として

様々な生産条件や規定、使用素材や伝統的な技法によって

ブランドが守られています。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts