ジャパンスタイル ヨーロッパで人気 南部鉄瓶

海外で人気のある伝統工芸品といえば

岩手、盛岡の南部鉄器が有名です。

「南部」とはこの地域は旧藩名、南部藩であったことからです。

南部鉄器とは17世紀、京都から釜師職人を招いて

茶釜を作り始めたのがはじまりとのこと。 その後、南部藩は鉄器製造を奨励し

一時は200軒を超す工房があったそうですが

現在は14軒ほどの工房を残すのみとのこと。

今では有名な南部鉄瓶ですが何故ヨーロッパで人気が出たのか。

それはパリの紅茶専門店からその14軒のうちの1軒

岩鋳さんにオーダーが入ったのがきっかけとのこと

オーダーから3年(凄い!)、着色法を編み出し

カラフルな鉄瓶の開発に成功し

今では世界中に拡がっています。

このニーズに3年もかけて職人さんが応えたことが

何より素晴らしいと感じます。 そうそう、この南部鉄瓶

人の体に必要な鉄分の摂取、水道水のカルキ抜きなど 健康、安心安全の面でも効用あるとのこと

まさしく用の美、ですね。

この平成の時代に次世代に遺せる 稀有な伝統工芸品の一つと言えるかもしれません


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts