伝える方向 祈りの先

祈りのデザイン

広義の仏教の教え、デザインは

インド〜ネパール〜チベット〜中国〜日本

相当な距離と範囲を相当な歴史を越え旅してきてます。

人の祈りに対する「想い」の範囲って

本当に広大ですよね。圧倒的です。

近年仏像の展覧会は常に人気ですね。

そういう目に見えない歴史の厚み、蓄積が

人を言語を超えて惹きつけるんでしょうね。

それぞれ国や言語は違っても仏像や仏画、

そのデザインや形で通じる感覚がありますよね。

「旅」の方向が東へ東へと拡がっていく

インド〜ネパール〜チベット〜中国〜日本

インドから西へは拡がらなかったんですね。

キリスト教やヒンドゥ教、イスラム教などの

影響や関係もあるんでしょうね。

シルクロードの「伝わる方向性」

「伝える方向性」の方がしっくりきます

風に乗って、とでもいいましょうか 

西から東へ 

太陽は東から西へ

日出づる国の方向へ

この方向性には本当に歴史ロマンを感じます。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts