裂地の旅

裂地(布地)きれじと読みます。

金襴きんらん/緞子どんす/錦にしき/天鵞絨びろうど

聞いた事があるかもしれません。

特に芸術性が高いものは

「名物裂めいぶつぎれ」と呼び今日珍重されています。

※写真/名物裂の研究 渋江終吉 (昭和8年)工政会出版部

室町時代から江戸時代中期に

遠くはヨーロッパからインドなどを経て

中国大陸に渡り 日本に入ってきました。

日本の茶の湯の世界のお道具をはじめ

貴族の装束、能装束、戦国武将の衣装など

生活、文化のデザインに大きな影響を与えました。

シルクロードの東端としての日本

「絹街道」(シルクロード)と言われる所以でしょうか。

裂地とともにたくさんの情報がやってきたことでしょう。

図柄から読み取れる草花や動物

今もヨーロッパのファッション文化は日本に大きな影響を

与えていますね。

そして日本のお着物もまたヨーロッパの芸術や

ファッション文化に大きな影響を与えたと言われています。

シルクロードは今も昔も循環していると言っても過言ではないと思います。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts