Re:Born アンティークお直しのススメ

今回のブログは

思い入れのあるお洋服や

親兄弟親類縁者から譲り受けたり

いただいたりしたものの。。。

デザインが古いとか、少し傷んでるとか

そういった理由から箪笥の肥やしとなってるもの

ありませんか???

という話題です。

私にもありました。。。

父から以前譲り受けていたカシミヤのコートと

50年以上前に父が仕立てたであろうスリーピースのスーツ。

そして父が勝手に仕立てて送ってきたウールスーツ2着

そして極め付けは70年以上前の超ビンテージ、祖父の形見のコート

どれも素材的には素晴らしいのはわかってるけど

今のデザインではないし、とても着れない。。。 捨ててしまえばもちろん価値は「0」ゴミと化してしまう。

思い切ってお直しに出してみることに!

昔々のものはお着物もそうですが

化学繊維などの素材はなく、絹やカシミヤ等、自然由来、天然素材なんですよね。

時代的に石油由来の化学繊維など開発されていなかった。

ただ、洋服でいえば

「肩パッドがいかつい」とか「アームホールの位置」など

シルエット、デザインが古すぎる。。。

そこを現代の職人さんと相談しながら

「Re:Born」

父や祖父の時代 大正や昭和の素材の良さを活かして

現代的にアレンジ! ストーリーある愛せるお洋服にRe:Born! 和服洋服、古き良きもの、使ってこそ、着てこそ! 皆様の箪笥、ご実家の箪笥、チェックしてみては! 古美道のテーマ「用の美」このアイディア!おすすめします!


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts