西洋と東洋 香り・匂いの考え方

現代の香り、匂いを振り返った場合

西洋にはパフューム、香水があり

お風呂の文化の違いもありますが

主に個人の香り、匂い消しで使われました。

部屋の空間の香りのための匂い袋

(ポプリやハーブをいれたもの)もありますけど

主に香りというとこちらの「個」の香り

パフューム、香水 イメージの方が強い気がします。

東洋、とりわけ日本には

「間」という考え方があります。

お茶の間 床の間など「間」のつく空間

間、には時間的な隙間、合間をいうこともありますね。

この香炉 「間」を香りで満たすためのもの

宗教的な意味合いもありますが

同じ香りや匂いのことでも

「個」と「公」の感覚が

西と東 ニュアンスが違うな、と

そんな違いを感じた古美道でした。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts