平安時代から現代に受け継ぐ 常滑焼(とこなめやき)

常滑焼(とこなめやき)は

平安時代末期から興った

愛知県常滑市を中心とし

その周辺を含む知多半島内で焼かれる炻器(せっき)です。

日本六古窯の一つです。

これは煎茶のお道具 急須 です。

こうした発祥した時代も背景も違う

煎茶という「伝統文化」と常滑焼という「伝統技術」

が出会い こういった有形のお道具として遺り語り継がれていくんですね。

長く続いていく 継続するということは

こういった運とご縁の機会に恵まれる時間が長いということ

今の現代的な暮らしにぴったりの

伝統技術の新しい形 後世に遺るカタチ が

すでに生まれているかもしれませんね。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts
Archive
まだタグはありません。
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2014 by  kobido-japan. Proudly created with kobido-japan.com

  • Twitter Clean
  • w-facebook