日本人と桜


大日本帝国海軍大将 小林躋造(こばやしせいぞう)が着用した肩章です。 桜が3つ は、海軍大将の証です。

桜は日本を象徴する花として認識されています。

パッと咲いてパッと散る

そんな散り際の潔さから日本人の精神的象徴ともされ

「儚さ」「もののあはれ」から愛玩されている花です。

江戸時代はどうやら、その儚さ、すぐに散ってしまうこと

から家の家紋などには用いられることは少なく

その理由として家が「長続きしない」という想像が

多くの武家にあったようです。

桜が日本人の精神的象徴、とされるのは大正後期からのようです。

戦争の激しくなっていく時代に日本人の

多くは軍人の死生観と重なっていく桜

世界的にも稀な天下泰平の江戸時代との対比に

桜の紋章に込められた意味は

やはり深く考えさせるものがあります。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts