東郷平八郎の書


東郷平八郎といえば

日露戦争、日本海海戦時、大日本帝国海軍を率いた名将です。

連合艦隊司令長官 海軍大将、薩摩藩のご出身です。

近現代の海戦において劇的な采配と言われた

秋山真之参謀立案の丁字型戦法、通称「トーゴーターン」で

当時世界最強と謳われたロシア「バルチック艦隊」を相手に完勝されました。

日本海海戦は世界史最高の海戦、東郷平八郎は

この海戦を持って史上最高の提督と言われています。

当時ロシアと敵対していたトルコでは

この勝利に大いに胸のすく思いであったらしく

自分の子供に「トーゴー」という名前をつけたほどであったようです。

そんな東郷平八郎の書が古美道に持ち込まれました。

「信」の力強い一文字。

力強さといい

選ばれた信の字といい

勝利を信じ

部下を信じ

この人物と結びつくとなんとも納得

どんな場面でお書きになったのか

そんな歴史の一場面に思いを馳せた逸品でした。


Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts