【古美道 お買い取り日記】鎌倉彫の帯留


IMG_6732_edited.JPG
IMG_6733_edited.JPG

鎌倉彫の帯留です。

鎌倉彫は鎌倉時代に禅宗の伝来とともに

我が国に伝わってきた漆器の美術工芸技法の一つで

堆朱、堆黒といった彫漆品の影響を受け

仏師や宮大工たちが木の器に彫刻し

漆を塗り重ねたのが始まりだそうです。

ですから最初は文箱やお香を入れる道具などから始まり

室町時代の茶の湯の広がりと共に茶托や皿、お盆などに

好んで使われるようになったとのこと。

生活用品に使われるようになったのは明治時代からだそうです。

そして現代に。。。

鎌倉彫独特の色合い、艶。

時代から時代へ永く伝え継がれてきた技法です。

IMG_6734_edited.JPG

こちらは同じく鎌倉彫のブローチ

IMG_6735_edited.JPG

こちらの帯留は鎌倉彫ではありませんが

素晴らしい細工と

色彩がとても鮮やかで印象的です。

鈴と菊の花でしょうか、中心の鈴のデザインが

特徴的です。

「手のひらの芸術」と言われる由縁ですね。

この細かい濃縮された和のデザイン

見ていて飽きません。

IMG_6736_edited.JPG

何ともいえない

和の赤が効いてます。

古美道の女将さんならどんな帯につけますかね?

#古美道お買取日記

Brog

Blog

Featured Posts
Recent Posts
Archive
まだタグはありません。
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square